• 風湿寒痛片
    風湿寒痛片は祛風散寒、除湿活絡、滋補肝腎の作用があります。具体的には体内の循環環境を改善したり、関節の腫れや痛み、四肢の痺れ、足腰の痛みや脱力感に対して有効です。
  • 烏蛇止痒丸

    【商品名】烏蛇止痒丸

    【分類】本品は風疹瘙痒類の非処方薬品です。

    【性状】
    本品は黒色の水丸です。中には褐色の成分が含まれています。香りがあり辛くて苦味があります。

    【功能】
    養血祛風(※1)、燥湿止痒(※2)の作用があります、主に皮膚瘙痒、蕁麻疹に対して用いられます。
    ※1 漢方用語。血を増やし、風邪の元を体外へ吐き出すこと
    ※2 漢方用語。湿邪(しつじゃ)を除き、痒みを止めること

    【成分】
    烏梢蛇(うしょうだ)、防風(ぼうふう)、蛇床子(じゃしょうし)、苦参(くじん)、黄柏(おうばく)、蒼朮 (そうじゅつ)、参須(さんす)、牡丹皮(ぼたんぴ)、蛇胆汁、人工牛黄(ごおう)、当帰(とうき)

    【用法用量】経口薬です。一度に2.5g、一日3回(薬20錠)服用して下さい。

    【注意事項】
    1.本品を服用期間中に藜芦(りろ)、五霊脂(ごれいし) 、p莢 (さいかち)及び他の製剤を同時に服用するのは好ましくありません。またお茶や大根と同時に服用すると効果に影響が及ぶ場合があるのでふさわしくありません。
    2.糖尿病や腎臓病・肝臓病・腫瘍などが原因で引き起こされる皮膚瘙痒には、本品は治療できません。
    3.風邪をひいている場合は本品を服用しないで下さい。
    4.本品を服用期間中は味付けが薄くて消化に優しいものを食べるように心がけてください。辛いものや脂っこい食べ物は好ましくありません。
    5.患部を温水で洗わないようにしてください。
    6.スキンケア用品や痒み止め用の化粧品等の薬品を濫用しないで下さい。必要な場合には必ず医師の指示に従って使用して下さい。
    7.用法用量を正しく守り、もし不良反応が見られた場合は即座に使用を中止し、医師の診察を受けて下さい。
    8.児童が本品を服用する場合は必ず医師の指示に従うか、量を減らして服用して下さい。
    9.服用後1週間経過しても全く症状が改善されない場合は一度医師と相談するか、使用を一度中止して医師の診察を受けて下さい。
    10.本品のアレルギー反応を持つ方は服用できません。また他のアレルギー体質の方も慎重に服用して下さい。
    11.本品に異常(形状が変化等)が見られる際は即刻服用を中止してください。
    12.児童は必ず保護者の監視下で服用して下さい。
    13.子供の手の届かないところで保管してください。
    14.本品を服用中に他の薬剤を服用される場合は、服用前に一度医師と相談されることをお勧めします。

    【禁止事項】妊娠中の方は服用できません。

    【臨床研究】
     烏蛇止痒丸が「血虚鬱熱」また「風湿相搏」型急性蕁麻疹から皮膚瘙痒に至るまでの症状の治療効果と安全性を再評価しました。
    方法:多数あるセンターの中からいくつかを無作為に選択し臨床しました。
    結果:烏蛇止痒丸は急性蕁麻疹に対して有効な治療結果が90,83%、その内顕著な治療効果が見られたケースが51,67%にまで及びました。皮膚瘙痒症に対しては有効な治療結果が87,22%、その内顕著な治療効果が見られたケースは48,33%です。
    結論:烏蛇止痒丸は「血虚鬱熱」また「風湿相搏」型急性蕁麻疹から皮膚瘙痒に至るまでの病状に一定の効果があり、安全な中医薬製剤と言えるでしょう。

  • 蓍蛭降糖片
    蓍蛭降糖片は気陰両虧に対して有効であり、具体的には異常な喉の渇き及び空腹感、頻尿、痩せすぎ、無気力感、汗かき(多汗症)、顔面蒼白、四肢の痺れ、U型糖尿病に用いられます。
  • 復方青黛丸

    【商品名】復方青黛丸

     復方青黛丸は陕西医薬控股集団天寧製薬有限責任公司の銀屑病(乾癬)の研究専門家が数年もの臨床結果を経て生まれました。中国伝統の漢方医薬の理論に基づき、14種の漢方素材を科学的に組み合わせ、根本的な部分から副次的な部分まで病状を全快できるよう精密に研究・製剤されています。その中でも五味子、丹参などいくつかの素材は特殊な治療効果を発揮し、徹底的に銀屑病を治癒します。数万ケースの治療結果が治療効果を保証し、沢山の患者から良い評判を得ています。

    【性状】
    本品は青いフィルムでコーティングされた灰褐色の水丸です。微かに香りがありほろ苦く酸味があります。

    【功能】
    清熱解毒(※1)、消斑化瘀(※2)、 祛風止痒(※3)の作用があります。主に銀屑病の進行期間中や、ばら色粃糠疹、薬疹に対して用いられます。
    ※1 漢方用語。熱毒の邪、発赤・腫脹・化膿・高熱を治すこと
    ※2 漢方用語。シミを消し血行を改善すること
    ※3 漢方用語。風邪(ふうじゃ)を除き、痒みを止めること

    【主要成分】
    青黛(せいたい)、紫草(むらさき)、白鮮皮(はくせんぴ)、土茯苓 (どぶくりょう) 、たんぽぽ、馬歯莧(ばしけん)、白芷(びゃくし)、丹参(たんじん)、貫衆(かんじゅう) 、萆薢(ひかい)の14種

    【用法用量】経口薬です。一度に6g、一日3回服用して下さい。

    【不良反応】
    人によっては服用期間中に食欲が増加したり、軟便になるケースが見られます(300件中のうち2件)。その場合は服用量を減らすか一定期間服用を止めることですぐに症状は治まります。

    【禁止事項】妊娠中の方は服用できません。

    【注意事項】
    まれにお腹を下すことがあります。高齢者や虚弱体質、冷え性の方は慎重に服用して下さい。白酒や羊肉など辛い食べ物や味の濃い、刺激性のある食べ物は食べないで下さい。

    【製造会社】陕西医薬控股集団天寧製薬有限責任公司

    【批准文号】国薬準字Z61020964

  • 白癜風丸

    【商品名】白癜風丸

    【商品紹介】
     白癜風丸は白斑を治療する一種の漢方薬であり、益気行滞(※1)、活血解毒(※2)、利湿消班(※3)、駆風止痒(※4)の功能があります。主に白斑の治療薬であり、痛みや痒みは無くとも皮膚の色素が抜け白い斑点状に変化する皮膚病(顔から顎、手足へ、酷い場合は全身に見られるようになる)に用いられます。病状が進行すると斑点が赤く変わり、患部の体毛も白く変化し、ある部分は褐色の斑点も表われるようになります。
    ※1 漢方用語。気を高め、滞りをなくすこと
    ※2 漢方用語。血流を改善し体内の毒素を除去すること
    ※3 漢方用語。体内の余分な水分を排出させシミを消すこと
    ※4 漢方用語。胃腸内の溜まったガスを排出し痒みを止めること

    【功能】益気行滞(※1)、活血解毒(※2)、利湿消班(※3)、駆風止痒(※4)

    【主要成分】
    補骨脂(ほこつし)、黃芪(おうし)、紅花、川芎(せんきゅう)、当帰(とうき)、香附(こうぶ)、桃仁(とうにん)、丹参(たんじん)、烏梢蛇(うしょうだ)、紫草、白鮮皮(はくせんぴ)、山芋、干姜(かんきょう)、竜胆(りんどう)、蒺藜(しつり)

    【用法用量】
    経口薬です。一度に6錠、一日2回もしくは医師の指示に従って服用して下さい。

    【注意事項】
    1. 児童または未成年は慎重に服用して下さい。稀に発熱や眠気を伴う場合があります。
    2. 一般的に常用される薬と同時に服用して頂いても、特に治療効果に干渉する事はありません。(インターフェロン、抗炎症薬、抗生物質、ホルモン剤、鎮痛薬、血圧降下剤、利尿薬、心血管疾患や中枢神経治療用の薬、避妊薬など)

  • 胃複春片

    ☆胃癌の補助治療から胃炎解消まで幅広く用いられています☆

    【薬理作用】
     本製品はラット実験により、発癌性物質「M−メチル‐N‐ニトロ‐NG‐ニトロソグアニジン(MNNG)」の減少及び、胃粘膜の損傷や癌発症後の病態悪化率を減少させる事が分かっています。長期間服用することでMNNGによる胃癌発症やヘリコバクターピロリ菌を抑制します。

    【性状】
    薄いフィルムでコーティングされた錠剤です。中には褐色の素材が含まれており、渋くて苦い味がします。

    【適用症状】
    健脾益気(※1)、活血解毒(※2)の作用があります。主に初期胃癌の病状治療や、胃癌手術後の補助治療、胃や脾臓が弱い方によく見られる慢性的な胃炎治療に用いられます。
    ※1 漢方用語。体の「気」を補充し脾胃の機能を正常にすること
    ※2 漢方用語。血の流れを良くし体内の毒を除去すること

    【成分】紅参、香茶菜、枳殻(きこく)

    【用法用量】経口薬です。一度に4錠、一日3回服用して下さい。

    【批准文号】国薬準字Z20040003

    【製造会社】杭州胡慶余堂薬業有限公司

+ ご利用規約 + 会社概要 + 相互リンク + お支払い方法 + 代理募集 + よくある質問 + 精力剤関連情報 +
漢方ストア   Copyright ©2013-2020  www.kanpoustore.net